日中報道


by koubuni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

政治家の「中庸」

「中庸」という言葉に興味深い。それが意味深い言葉である。孔子の話によると、「中庸」を実現するには極めて難しく、ほぼ不可能だという。「天下國家可均也。爵祿可辭也。白刃可蹈也。中庸不可能也。」
ところで、日本の政治家は「中庸」に熱中しているみたい。野田首相が所信表明演説で「中庸の姿勢」を強調した。首相が好む言葉「中庸」だという…日本の政治家が漢文を活用しているようで…
民主党は次期衆院選のマニフェスト(政権公約)で、政策の方向性として中道路線を明確にする「中庸」を明記する方向で調整に入った。
民主党の「中庸」について、私にはまだ理解できていない…
政治の世界は難しいのが、政治家にとっては、「中庸」はどういうものか…と考えて、面白そうだと思って。。。
[PR]
by koubuni | 2012-11-13 23:22

日本の寛容

日本ではなぜか、民族教育を行う朝鮮学校が存在するのか、しかも、学校の数は約60校である。最初に不思議だと思った。
因みに、昔見た北朝鮮の映画、北朝鮮が裕福で、韓国が貧しい…そして、日本に来てから、勿論、そのイメージを完全に覆した。テレビに映された北朝鮮のニュースアナウンサーの高揚したような声を聴くと、まさしく戦場から発する声かな、それは遥かな世界な、と思った。
サッカー選手鄭大世(チョン・テセ)のことを思い出した。日本生まれ、日本で育たれてきた鄭は、朝鮮学校で教育を受け...てきたため、北朝鮮を祖国と見なし、ナショナルチームは北朝鮮代表を選んだ。2014年ワールドカップブラジル大会予選では日本代表と戦う予定。彼は優秀なサッカー選手、そして素晴らし人だと思う。強い信念を持って、初志貫徹の決意で自ら選んだ道を挑む。
それにしても、改めて教育の力に感服しているところである。
かつて、大学時代の先生に「何故、朝鮮学校はそんなに数あるか」と聞いた。その先生は「それが日本の責任」と語ってくださった。いろんな価値観、異色のイデオロギーと共存することで、それも「日本の寛容」でしょう。
[PR]
by koubuni | 2012-11-13 23:10

巫女と侍女

ある女子留学生から「年末、神社の巫女のアルバイドを応募する」と聞いた。彼女は昨年はじめて「巫女」の仕事を経験した。助勤巫女として主にお守り売り場で接客。彼女が巫女を応募する動機は巫女の服装に憧れ、という。大晦日の夜から翌日新年まで、数時間ずっと立ち、寒かったし、かなり苦労したのだが、笑顔で一人一人のお客さんに「あけましておめでとうございます」と新年の祝福を捧げ、そして相手からも丁寧な「あけましておめでとうございます」と受けてとっていた。
「巫女として、本当によい新年を迎えた」それは彼女の感無量な気持ちだった。特に留学生として、いい思い出になったでしょう。

もう一つ、此間「高円宮家が侍女募集」というニュースを見た。昭和女子大に張り出された侍女募集の求人票が、ネット上の話題になった。勤務先は「高円宮家」。
最初、思い出したのは「大奥」…
ただ、現代の侍女はやはり遥かな江戸城大奥の世界とは違うでしょう。「侍女」は一つの職業にすぎない。仕事内容は家事全般(炊事、洗濯、掃除等)、来客接待、行事の設営・運営、事務的業務など。侍女は宮内庁職員や公務員ではない…

巫女と侍女、普通な仕事だと言われても、やはりその伝統的な仕事には神秘さを秘めていると感じる。日本の独特なものでしょう。
[PR]
by koubuni | 2012-11-08 22:34