日中報道


by koubuni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

サッカーW杯:中国紙が川口選手を絶賛「歴史的活躍」

 サッカーワールドカップ(W杯)ドイツ大会で日本は18日、クロアチアと対戦し0-0で引き分けた。19日付の中国新聞社は、クロアチアの度重なる猛攻をしのいだ日本のゴールキーパー・川口能活選手を絶賛する論説を掲載した。

 まず記事は川口選手の略歴を紹介。フランス大会に出場したが、3戦全敗で計4ゴールを奪われたと説明。日韓大会では出番がなかったが、ドイツ大会で正ゴールキーパーに返り咲いたと付け加えている。

 さらに18日の試合を振り返って、中田英寿選手がマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたが、クロアチア人の心に最も鮮明に焼きついたのは川口選手だったと総括。試合は引き分けに終わったものの、日本のサッカー史に残る活躍だったと絶賛している。

 特に前半21分、宮本恒靖選手がゴール前でクロアチアの選手を倒しPKを与えたが、「身長がそれほど高くない川口選手がジャンプしてボールを弾き、ゴールを割らせなかった」「仮に日本が決勝トーナメントに進むことができなくても、川口選手は自らの才能を証明した」と続けている。

 その上で記事は「マイアミの奇跡」にも触れ、「ブラジルのスーパープレーヤーに得点を許さず、日本は歴史的勝利をあげた。そのときのゴールキーパーが川口選手だった」と説明。ドイツ大会で日本の次の対戦相手はブラジルで、今回も川口選手は期待できると締めくくっている。
[PR]
by koubuni | 2006-06-19 17:55