日中報道


by koubuni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日本と中国のギャップ

日本人にとっては、親しい中国の時代は古代中国である(三国時代とかである)。
中国人にとっては、親しい日本の時代は20世紀70年代、また80年代前半、つまり両国国交正常化したばかり時期だった(田中角栄、高倉健、山口百恵など人物の名前は今にも中国人の記憶に刻まれているらしい。お互いに、もっと相手の現状を知ったほうがよいと思う。来日した中国人観光客は日本に対するイメージが大分良くなった)。

日本が中国に求められてきたのは謝罪(今もなお中国は歴史問題・謝罪を乗り越えられない…)
中国が日本に求められてきたのは感謝(長年間に至る日本から中国へのODA開発援助、つい最近海保が中国漁船を救助…中国の外交はNOを言うばかりなので、感謝の言葉を出せない。ところで、今回海保の救助について中国のソーシャルメディアで民間から感謝の声が数多く寄せられてきた)。

中国人は、面子を保つのに必死。
日本人は、礼儀の大切さを強調。

百年後の中国人と日本人は、現在日本と中国、領土問題を巡り争いをどのように評価するのでしょうか。「百年前の人は愚か」と笑ってしまうかもしれない。
[PR]
by koubuni | 2012-10-28 19:16